挑戦

ドローン仏

ドローンの上に乗った仏像がお寺の宙を舞い阿弥陀来迎を表現する挑戦。仏教の教えに阿弥陀来迎というものがあります。これは亡くなった人を阿弥陀如来がお供の菩薩たちを連れて、西方極楽浄土から雲に乗ってお迎えに来るというものです。

平安時代に広く信仰され、仏画では来迎図として多く描かれてきました。それを現代技術を用いて立体的に表現したものがドローン仏です。

ガチャ仏さま

京都市下京区龍岸寺様と共同開発した、三浦耀山が彫った木の仏像を小さく3Dプリントしガチャマシーンに入れたものです。

より手軽に仏像を手に入れられるようにとの思いで開発しました。

3D仏像データ

3Dスキャナで古い仏像の3Dデータを残すことにより従来の図面や写真で残していた資料をデジタルに残していこうという試みです。仮に仏像が焼失や盗難にあった際にはそのままの形で復元できることができます。

昨今仏像の盗難事件が多いこともあり、本物は美術館や収蔵庫にしまい3Dプリントしたレプリカを安置する案件も増えています。

ECサイト

本来仏像制作は受注生産のみで受け付けておりますが、全て手彫りのためどうしても制作までの時間が長かったり、値段が高額になったりします。

より手軽に仏像を手に入れられるように三浦耀山作の童仏をECサイトで販売します。また3Dプリンタで製作した仏像フィギュアや仏像彫刻キット、材木等も販売します。